飽きずに子供が足を細くする方法

飽きずに子供が足を細くする3つの方法

飽きずに,子供が足を細くする方法

バレエを習っている女の子は、足が細くてキレイです。

 

あなたは、彼女たちが「筋肉質であること」って知ってますか?

 

彼女たちの腹筋はボディビルダーのように固く、足も鋼のようにカチコチ。(見た目とは大違いですよね?)

 

しかし、子供に無理な筋力トレーニングをさせるのはほぼ不可能。バレエも週に5日位通って、やっとあの体型だそうですから、ちょっと大変です。

 

ということで今から、ご自宅で簡単にできる、足を細くする方法をご紹介します。


スポンサーリンク

西内まりやさんのマッサージで不純物を流す!

出典:西内まりやyoutube公式サイト
こちらの方法が素晴らしいのでは、なんといっても、道具を全く使わないところです。

 

お風呂あがりにオイルやクリームを足に塗って滑りをよくするだけ。指を折り曲げて、太ももの筋にそってなぞるだけのマッサージですから、本当に簡単です!

 

ちなみに、人間の体には、血管以上にリンパが流れています。リンパの方が多いくらいです。そのリンパには沢山の不純物が溜まってて、それを流すだけで足は細くなると言われているんです。

 

有酸素運動:スイミング

飽きずに,子供が足を細くする方法
こちらは本格的にやりたい方向けの方法です。

 

じつは、ウォーキングより、スイミングの方が脂肪を4倍近く燃やせるそうです。

 

なぜかというと、熱というのは熱い方から→冷たい方へ流れる修正があるからです。

 

つまり、運動で脂肪を燃やしたことで発熱した熱が、冷たいプールの水へと流れやすくなるのです。通常のジョギングやウォーキングに比べ、熱の移動が4倍近くになるのです。

 

西内まりやさんのマッサージに加え、近くのプールで泳ぐか、歩く。それだけでもかなり脂肪を燃焼させることが可能ですよ!

 

お尻歩きもおすすめ

次におすすめなのが、お尻歩きです。

 

あなたは、歩くだけで体重の4倍の負荷が足にかかるって知ってますか?ちなみに、走ると体重の8倍の負荷が足にかかると言われております。

 

ちなみに、筋肉は負荷がかかると太くなると言われています。いくら足の脂肪が減ったからといって、筋肉で足が太くなっては意味がありませんよね。

 

ですから、ウォーキングで歩いたり、ジョギングで走ったりすることは否定はしませんが、余計な筋肉がつくことが怖いのです。

 

そこで、お尻歩きが有効になってきます。お尻歩きは歩きませんので、ダイレクトに腹筋まわり、股関節まわりを鍛えることが可能です。

 

腹筋が少しでもくびれることで、視覚的に足が細くなったという錯覚効果がありますので、逆転の発想で、足が細く見えるのです。

 

太ももをやせるより、くびれを作る方が効率は良いので、おすすめの方法です。

 

まとめ

まずは3週間。しっかりとマッサージを続けてみてください。あなたも驚くほど、足がほっそりしてくるのがわかりますよ!

 

誰もが続けられないから、細くならないのです。正しい方法で続けて、理想の足を手に入れてくださいね!

 

 

 

 

 

スポンサーリンク